デジタルサイネージとビーコン技術の融合

デジタルサイネージとは、ディスプレイ上に映し出される広告の事を指します。


紙媒体の広告とは違いデジタルデータを広告として表示するため、資源や配達など人件費の節約ができ、リアルタイムでニュースなどを併せて表示できるのが利点です。


デジタルサイネージが使われる場所は多岐に渡り、ディスプレイを用意できればどこにでも配置できるため、病院や駅構内、百貨店や店先にも広告を配置することができます。

マイナビニュースならこちらのサイトがオススメです。

また近年ビーコンという、Bluetoothを使った情報を発信・受信する技術との融合も注目されており、例えば店側が売りたい商品についてのタグを広告としてビーコンに設置しておき、ユーザ側が目的のサービス・商品に効果的に接触できるように、最大10メートルの範囲圏内に入るとユーザーのスマートホンなどにプッシュ通知が行われる仕組みといったものをデジタルサイネージと融合していこうという働きが見られています。
これまでの広告は、家に居ない間はこちら側からアクセスしないと得られないものでしたが、まるでコンシェルジュが目的に沿った商品やサービスを、「その場の近くを歩いているだけで」提示してくれるため、店側は店舗外にもほぼ物理的なデジタルサイネージを設置できる、という利点があります。



活用例は挙げればきりがないほど応用は無限大ですが、ラーメン屋のランチタイムの広告を用意して近づいてきたお客さんにポップアップ表示させたり、広大な書店では目的のジャンルの検索を掛ければ店内GPSを用いた店舗案内、そして関連するオススメ書籍をデジタルサイネージとして提示したりと、商用サービスに非常に親和性があるのが、この技術の特徴であり、使いどころであるといえます。

デジタルサイネージに関する良い情報をご紹介するサイトです。