新宿区の墓地の現状と永代供養墓

main-img

新宿区は、従来の一般埋葬用の墓地や霊園が区内に50箇所前後しか無い上に、永代供養墓の納骨堂は20箇所弱、樹木葬に至っては数箇所と非常に少なくなく、敷地面積も5、000平米以下の墓地がほとんで、新宿区民約44万人のお墓を賄うには全く足りず、更に墓地の重要が高まる将来が懸念されています。



新宿区では、公営型墓地の募集は非常に稀で、営利性が高く供養期間が制限されている寺院内に檀家向けの墓地を提供する寺院型か宗教法人か?経営する事業型のどちらかを選択する事になります。永代供養墓は、一般的な埋葬墓に必要となる永代使用料と墓石の購入費用の平均200万円弱が不要とされ経済的な負担が少ない点がメリットですが、永代供養墓の永代使用料は地価に比例するので都市部程高額になり、新宿区では100万円を超える所も少なくなく一概に経済的とは言えなくなっています。

日本経済新聞情報の理解したいならこちらのサイトです。

都内では、江戸時代から続く悪習の檀家制度が崩壊し経営が苦しい寺院も多い反面、著名な寺院では現在も数百万円の永代使用料や入檀費用を請求し暴利を貪っています。

永代供養の東京を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

その為、仏教離れが非常に深刻化している為2025年頃には、仏教寺院の3割〜4割が閉鎖の危機に瀕しているとも言われ、宗旨宗派を問わない都市型の納骨堂の人気が高まっています。

都市型の納骨堂は、草むしりや清掃などの手入れをする必要が無く、豪華なエントランスホールを通り抜け個別ブースで天候に関係無く参拝出来る点が人気の理由であり、新宿区などの都市部では更に都市型の納骨堂は増える傾向にあります。

わかりやすい情報

subpage1

永代供養は、原則として寺院が存続する限り先祖を供養し続ける意味で使われていますが、現在では死後すらお布施に金額によって故人のランク付けを行う寺院や宗教法人が、短い供養期間を少しでも長く感じられる様にとキャッチコピーとして使用しています。その為、供養期間に関するトラブルも多く、個別供養期間の短い寺院では3回忌法要の終了と共に共同墓や供養塔などに合祀して弔っています。...

more

生活が気になる方

subpage2

大都会東京でも永代供養のサービスを提供している寺院がたくさんあります。東京で永代供養のサービスを提供している寺院では、リーズナブルな価格で永代供養のサービスを提供しています。...

more

耳より情報

subpage3

永代供養は、自分達に最も近い先祖を信仰し、子々孫々先祖を供養する事に起源があり、本来は期限無く永久的に供養する意味があります。現在では、商品のイメージを表す為のタイトルやキャッチコピーの様に使用され、実際に永代供養を謳いながら3回忌終了後に合祀供養する寺院も東京都には数多く存在しますが、一般的には30回忌法要〜50回忌法要終了後に合祀供養されています。...

more

生活の補足説明

subpage4

東京都は、他の大都市圏よりも人口が多いだけで無く、地方都市や外国出身の住民が多い特徴があり、多種多様な葬送方法で対応する必要がありますが、現在の所後手後手にまわっています。東京都には、都立青山霊園と都立谷中霊園、都立多磨霊園、都立小平霊園、都立八王子霊園、都立八柱霊園、都営雑司が谷霊園、都営桜井霊園など数が少なく、都民1、364万人の墓地問題を解決するには全く足りておらず、平成16年の都立霊園使用者の募集倍率は1、9倍〜13、4倍と高く、多くの都民が民間業者や寺院の墓地を利用しています。...

more