東京都の都営霊園と永代供養の意味

東京都は、他の大都市圏よりも人口が多いだけで無く、地方都市や外国出身の住民が多い特徴があり、多種多様な葬送方法で対応する必要がありますが、現在の所後手後手にまわっています。
東京都には、都立青山霊園と都立谷中霊園、都立多磨霊園、都立小平霊園、都立八王子霊園、都立八柱霊園、都営雑司が谷霊園、都営桜井霊園など数が少なく、都民1、364万人の墓地問題を解決するには全く足りておらず、平成16年の都立霊園使用者の募集倍率は1、9倍〜13、4倍と高く、多くの都民が民間業者や寺院の墓地を利用しています。


他にも八王子市や青梅市、羽村市などでも市営の墓地が整備されていますが募集が限られています。

その為、非常に高額になる民間業者の墓地や檀家になる必要のある寺院の墓地への埋葬を敬遠して、自然葬や永代供養墓を希望するケースが増加しています。

いろいろなマイナビニュースならこちらのサイトがオススメです。

又、東京都には後継者のいない先祖代々の墓を出身地に抱える人も少なく無く、墓じまい後の改葬先として永代供養墓を選択する地方出身者も増えています。
永代供養は、期限を決める事無く永続的に祖先を供養する事を意味する言葉ですが、後のリスクを背負う事無くより多く儲けたい宗教法人や寺院、業者が永代という言葉に自分達に都合の良い期限を設け、限られた期間だけ自分達の都合の良い供養を行います。


結果、永代供養費用を支払っても一定期間が来ると他の人の遺骨と交ぜられて合祀されます。

東京から高野山真言宗の情報を求める人におすすめです。

現代人は、永代供養の意味を理解し、埋葬業者を決める必要があります。