東京都の永代供養の現状

永代供養は、自分達に最も近い先祖を信仰し、子々孫々先祖を供養する事に起源があり、本来は期限無く永久的に供養する意味があります。

産経ニュースの情報はすぐに役立ちます。

現在では、商品のイメージを表す為のタイトルやキャッチコピーの様に使用され、実際に永代供養を謳いながら3回忌終了後に合祀供養する寺院も東京都には数多く存在しますが、一般的には30回忌法要〜50回忌法要終了後に合祀供養されています。



東京都では、地下や半地下構造の納骨室に骨壺を安置し、観音像や供養塔、石碑などを建立する安価な合祀墓や集合墓、共同墓だけで無く、天候に関係無い屋内型個人墓や自動搬送型納骨堂などの非常に高額な永代供養墓も人気が高く、墓の後継者が続く限り50回忌を超えても使用出来る施設もあります。


しかし、地価が高い地域の永代供養費用は高額になる傾向が高く、実際に東京都は隣接する埼玉県や千葉県よりもかなり割高になっていますが、特に東京都都内の著名な寺院では数百万円の初期費用が必要です。

供養には、春の彼岸供養や秋の彼岸供養、お盆の供養、月命日供養、年一度の祥月命日供養、回忌供養などがありますが、供養の実施は寺院や業者に一存されている為、合同で供養されたり供養自体を行わないケースがあります。

その為、納骨する前に様々な点を比較考慮する必要があります。

現在懸念されているのが、無宗教徒が約6割以上を占める日本人の仏教離れに起因する寺院の閉鎖による契約の一方的な不履行です。

東京の納骨堂について補足説明いたします。