東京都の二極化する永代供養

永代供養は、原則として寺院が存続する限り先祖を供養し続ける意味で使われていますが、現在では死後すらお布施に金額によって故人のランク付けを行う寺院や宗教法人が、短い供養期間を少しでも長く感じられる様にとキャッチコピーとして使用しています。

あなたのご要望に応じた新宿の納骨堂のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

その為、供養期間に関するトラブルも多く、個別供養期間の短い寺院では3回忌法要の終了と共に共同墓や供養塔などに合祀して弔っています。

永代供養は、元来様々な社会問題によりお墓の継承者のいない高齢者や墓地価格が高騰する神奈川県などで墓地購入を諦めた高齢者などが生前より希望する葬送方法でしたが、東京都内にはホテルのエントランスを思わせる自動搬送型の納骨堂や全天候型の屋内個人墓など初期費用が数百万円する永代供養墓も数多く建設されています。



特に自動で故人の遺骨が納められている厨子を搬送してくる納骨堂は、清潔で豪華な参拝ブースや待合室だけで無く、参拝時にコンピューターで様々な演出を行ってくれるのも人気の理由です。

又、東京都では集団就職以降の宗教儀式への意識の薄れや死生観の変化に加え、キリスト教やイスラム教などの様な自分の遺体に対するこだわりが無い為、個別埋葬へのこだわりが無く、他の遺骨と混ざるが経済的負担の少ない共同墓や合祀墓、供養塔などの永代供養墓を希望する高齢者も増えています。

産経ニュース情報サイトを利用しましょう。

東京都の永代供養は、経済的負担の少ない葬送方法とより高額でステータスを求める葬送方法と二極化しています。